Teams会議の共有画面を拡大して見る方法【簡単】

最近はMicrosoft Teams会議で画面共有することが増えていますよね。

しかし、発表者の共有画面が小さく見難い場合、いつもお願いして拡大表示してもらうのは大変です。

この記事では、Teamsの共有画面を自分の手元で拡大表示する方法を説明します。
ショートカットキーとマウス操作で拡大できます。

Teamsの画面共有時に拡大して見る方法

2つの方法があります。
操作方法①が手軽でおすすめです。


▼操作方法① 表示内容を拡大する

[Ctrl]キー + マウスホイール上 で拡大できます。

また、[Ctrl]キー+マウスホイール下 で縮小できます。



▼操作方法② 表示領域を拡大する

[Ctrl]キー + [-]キー で拡大できます。

また、[Ctrl]キー+[+]キー で縮小できます。


実は、操作方法②は、共有画面の表示領域自体を拡大できます。
なので、慣れてきた方は②の操作もおすすめです。

簡単ですのでぜひトライしてみてください。

 

まとめ

この記事では、Teams会議の共有画面を拡大表示する方法を紹介しました。
あなたの周りの人にも教えてあげると喜ばれるかもです。

Taams会議で、上司に子どものハッスルボイスを聞かれてしまわないよう気をつけて、快適な在宅ライフをお過ごしください。

以上です。


※記事をシェアしていただけますと、励みになります!


関連記事

最近はリモートワークのために、Microsoft Teamsを使ってTeams会議することが増えてきています。 そのTeams会議の最中にお手洗いなどで一時離席したい時、会議メンバーに簡単に伝えられると良いですよね。 […]

関連記事

「テプラを作るとき、電源アダプターをつなぐのが面倒だなー。」 「自分の傘に名前を貼ったり、必要なときに必要なラベルをサッと作りたい!」 ということが、結構あります。 そこでUSB電源でパッと使える小型ラベルライターがあると、と[…]

 


画像 出典:Windows Blogs