ノートPCのディスプレイサイズは3:2がオススメ【数値で比較】

最近、MacBookやSurfaceシリーズなど、魅力的なモバイルPCが次々と発売されています。
モバイルPCは、ディスプレイが大きくて作業しやすいと良いですよね。

縦横比が「3:2」や「16:10」のディスプレイは、従来主流の「16:9」に比べて縦が長いです。

 

では「3:2」や「16:10」のディスプレイは実際にどれぐらい縦が長いのでしょうか?
この記事では、具体的な数値を解説します。

モバイルPCのディスプレイ 縦幅は何センチ?

SurfaceシリーズやMacBookなどディスプレイの縦の長さを下表にまとめました。

 

モバイルPCのディスプレイ 縦幅比較

ディスプレイ 3:2 16:10 16:9
12.3インチ 17.3 cm
Surface Pro 7
16.6 cm 15.3 cm
13.3インチ 18.7 cm 17.9 cm
M1 MacBook Air 13インチ
16.6 cm
14インチ 19.7 cm
Let’s note FV
18.8 cm 17.4 cm
15インチ 21.1 cm
Surface laptop 4 15インチ
20.2 cm 18.7 cm
16インチ 22.5 cm 21.5 cm
MacBook Pro 16インチ 2020
19.9 cm

※上表のディスプレイの縦の長さは、小数点第2位を四捨五入しています。

 

さらにディスプレイ縦の長さをグラフ化したものが、次になります。

ディスプレイ 縦の長さの比較

 

「3:2」と「16:9」を比べると、かなりの差があります。
いかに「3:2」が縦に長いかが分かります。

ところで、縦に長いディスプレイの優れたポイントは何でしょうか?

 

縦に長いディスプレイ 2つのメリット

Webブラウザに表示される情報量が多い

これは、実際に実物に触れるとすぐに分かります。

ニュースサイトやブログなどは縦に長いので、一度に表示される量が多くなります。
なので効率よく情報を集められます。

 

長時間の事務作業でも疲れない

WordやExcel作業で、一度に表示される情報が多くなります。
最近のExcelって、リボンツールバーが縦に長くなっているので、作業エリアの縦幅が狭くなっちゃいますよね。

ディスプレイが縦に長いと文字も大きく表示しやすいので、長時間作業でも疲れにくくなります。

 

縦に長いディスプレイ おすすめのモバイルPC

マイクロソフト Surface Laptop 4 15インチ

私はこのモバイルPCを愛用しています。
(実際は一世代前のSurface Laptop 3ですが、外観は同じです。)

ディスプレイの縦横比は、3:2です。
ディスプレイ縦幅は、21.1センチもあります。

カフェで長時間ブログ記事を作成しても、快適に作業ができています。

 

マイクロソフト Surface Pro 7

ディスプレイサイズは、12.3インチ。
ディスプレイ縦横比は3:2です。

コンパクトながらディスプレイ縦幅は、17.3センチもあります。

 

Apple MacBook Air M1 Chip (13インチ)

ディスプレイサイズは、13.3インチ。
ディスプレイ縦横比は16:10で、そこそこ縦長でグッド(17.9センチ)。

 

パナソニック Let”s note FV1

デイスプレイサイズは、14インチ。
ディスプレイ縦横比は、3:2です。
ディスプレイ縦幅は19.7センチもあります。

 

まとめ

おすすめのモバイルPCのディスプレイ縦幅を比較しました。
少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

皆さんも縦幅の長いディスプレイのモバイルPCを使ってみてはいかがでしょうか。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下のブログランキングのバナーをクリックいただけますと、励みになります。