Google ChromeでURLバーを非表示にする方法【アドレスバー非表示】

Google Chromeで「アドレスバーのURL表示を消してアプリ画面の様に表示したい。」ということはありませんか?

本記事では、 アドレスバーのURL表示を消してアプリ画面の様に表示する方法を解説します。

Chrome起動時に--app引数を指定することで、アドレスバー非表示(アプリモード)で起動できます。

Chromeでアドレスバー非表示の例(アプリモード)

 

 

Google ChromeでURLを非表示にする方法【アドレスバー非表示】

【手順1】デスクトップなどに、ショートカットを作成します。

 

【手順2】ショートカットのリンク先に下記を設定します。

“C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe” –profile-directory=Default –app=”https://www.google.com/”

※上記の”https://www.google.com/”部分はChrome起動時のアクセス先です。 他の好きなURLを指定してもOKです。

※上記はChromeが”C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe”にインストールされている場合。通常はここにインストールされていると思います。

 

 

上記ショートカットを実行すると、Chromeがアプリモード(アドレスバー非表示)で起動します。

 

動作のリスク

ただし本設定は、Chromeを強引にアプリモードで起動するため、動作についてはご自身でご確認ください。

あくまで自己責任となります。

 

セキュリティのリスク

アドレスバーを非表示にした場合、セキュリティのリスクが発生します。

つまり、ユーザーがどのURLにアクセスしているかをパッと見られないため、想定と異なるURLにアクセスしていてもアドレスバーで確認できなくなります。

こちらも自己責任となります。

 

まとめ

Google Chromeをアドレスバー非表示で起動する方法を解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上です。

 

関連記事

Microsoft Edgeのchromium版で「アドレスバーのURL表示を消してアプリ画面の様に表示したい。」ということはありませんか? 本記事では、 アドレスバーのURL表示を消してアプリ画面の様に表示する方法を解説[…]